いつも買取のご依頼ありがとうございます。専門書買取エキスパートです。

先日カーオブザイヤー特集の雑誌を買取させていただきました。

商品の価値を高めたり、購入者の指標の一つとして知っておきたい情報の一つだと思います。

○○オブザイヤー 他には?

CMでよく耳にするカーオブザイヤー以外にも、アメリカのニュース雑誌「タイム」が発表する「パーソンオブザイヤー」や最近人気のふるさと納税や地方創成の機運の高まりから「ふるさと名品オブザイヤー」、ゲーム好きの方はご存知の「ゲームオブザイヤー」などもありますね。選ばれることは大変名誉なことだと思うのですがいったいどこの機関が決めているのでしょうか?

「日本カーオブザイヤー」・・・出版社やカージャーナリストを中心とする実行委員会が組織されその中の選考委員が決めています。

「世界カーオブザイヤー」・・・25か国・66人の国際的自動車ジャーナリストにより選考される自動車賞である(wikiより)

「パーソンオブザイヤー」・・・アメリカのニュース雑誌「タイム」の編集部で決定しています。1927年スタートで中々の歴史を誇ります。2016年は何かとお騒がせな「ドランプ大統領」でした。

「ふるさと名品オブザイヤー」・・・実行委員会の元、幹事社に大手旅行代理店やマスコミ・ネット通販大手など12社、後援に内閣府や経済産業省・農林水産省がついているしっかりした組織です。ふるさと名品といっても範囲が非常に広くなってしまうので、「ヒト」・「モノ」・「コト」の3つのカテゴリでざっくりと分けているようです。2016年から始まった取り組みで注目です。

「ゲームオブザイヤー」・・・こちらは主催団体が非常に多く、それぞれの団体でゲームオブザイヤーを決定しています。全部把握するのは難しいくらいの団体数があり、ざっと40~50程度でしょうか。

ゲームオブザイヤーの謎

上記の通りゲームオブザイヤーは権威ある団体が決定するものから雑誌社1社で決めるもの、ウェブサイト上の投票で決めるものなど様々で、毎年30タイトル程が「ゲームオブザイヤー」を獲得します。

これではなかなか本当のNo.1がわかりづらいので、ゲーム好きの有志達はどのゲームが何個のゲームオブザイヤーを獲得したかまとめていたりします。

世界的には「Game of the Year」の頭文字から「GOTY」(ゴッティやゴーティと発音されることが多いようです)と書いてある場合が多いです。

昨年の日本のゲーム業界ではFF15の発売が盛り上がりましたね、他にもダークソウル3なども人気ゲームでした。

世界的に見た2016年の真の「GOTY」はブリザード社の「オーバーウォッチ」でした。日本でもPS4で発売されていますし、steamなどを通してPCでもプレイ可能ですね。

○○オブザイヤーは色々な種類がありますが、名前に惑わされずどういう賞なのかを調べてみるといいと思います。

どのくらいの信用度があるのかチェックしてから生活に取り入れると安全ですね。