札幌古本買取の専門店。専門書買取エキスパートです。
先日、ミュージカル映画のDVDを買取させていただきました。

映画は邦画とハリウッド映画ばかり鑑賞してきたのですが、ちょっと気になったのでおすすめミュージカル映画を見てみました。

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年デンマーク映画)

主役のセルマ役はアイスランドの世界的歌手、ビョークです。

目に障害を持ったちょっと夢見がちな工場労働者の役なんですが、ちょっと妄想癖がありその妄想がミュージカル仕立てで演じられています。

セルマの友人たちは本当にみんないい人達ばかりで貧しいながらも幸せそうに見えるのですが、ある日友人の裏切りにより不幸のどん底に落とされてしまうお話です。セルマの一人息子への深い愛情が印象的でした。

ですが、ラストシーンがちょっと衝撃的過ぎましたね~。

調べたところ、やはりラストでショックを受けた人が大勢いるようで、いい映画だけど見るには覚悟が必要という意見が多かったです。

ミュージカル映画だけあって音楽と踊りは非常に楽しく仕上がっています。カメラワークも手持ちカメラ主体でいつもとちょっと違う映画を見た気分になれますね。

万人におすすめ度・・・★★★☆☆

きっとうまくいく(2009年インド映画)

日本では2013年に公開された映画です。

この映画をミュージカル映画に入れてしまっていいものなのか、映画通ではない為判断に困りましたが、ミュージカルシーンもあるためご紹介します。

インド映画の予備知識としてミュージカルシーンがどの映画にも必ず入っているというのは知っていましたが、そもそもインド映画を見ることが初めてだったので期待して見ました。

インドのエリート工科大学を舞台に3人のおバカ大学生が奮闘するお話です。

扱うテーマはインドの社会問題などもあり非常にためになりました。笑いあり涙あり恋ありミュージカルありで、1本の映画で色々楽しめます。その分時間は長く約3時間のボリュームです。

映画は文句なく面白かったです。面白いので3時間も全然苦になりませんでしたね。ラストが非常に感動的でとても爽快感があります。あまり映画をたくさん知っている方ではありませんが、この映画は私の映画ベスト10に入ります。

見ていない人は優先的に見るべき度・・・★★★★★

今日ご紹介したのは2本ともハリウッド映画ではない映画です。ハリウッド映画は宣伝を大々的にやりますが、それ以外の映画は予算の都合でなかなかそうはいきません。

そういった中で評価を勝ち取った映画というのは見てみるとハズレが少ないような気がします。普段あまり見ないミュージカル映画でしたが音楽と踊りがやはりすばらしかったです。

夜の長いこの時期に映画鑑賞はいかがでしょうか?