いつも買取のご依頼ありがとうございます。古本買取の専門書買取エキスパートです。


先日親戚の還暦祝いがありました。他にも高齢を祝うものとして、「古稀」「喜寿」「米寿」などがありますが、「還暦」と「古稀」だけ他と少し違うと思いませんか?

今日は「還暦」と「古稀」について調べてみましたので少しお付き合いください。

「還暦」とは「暦が還る(こよみがかえる)」こと

高齢の祝いとして最初に迎えるのが還暦ですね。赤いちゃんちゃんこを着て祝うのですが、風習とはいえいつも少し笑ってしまうのは自分だけでしょうか?(笑)

「還暦」には「暦」という字が入りますがいったい何の暦なのでしょうか。60刻みの暦なんて・・・と思って調べたところ、どうやら「陰陽五行思想」に鍵があるようです。

「十干」と「十二支」

陰陽思想は全ての物には「陰」と「陽」の2つの状態が存在するという思想。五行思想は全ての物は「木」「火」「土」「金」「水」の5元素からできているという思想です。

二つの思想が春秋・戦国時代に合わさり「陰陽五行思想」になったのですが、2つの状態×5元素=10パターン(「木の陽」だとか「水の陰」となるわけです)に漢字を振りました。

即ち、甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸(こう、おつ、へい、てい、ぼ、き、こう、しん、じん、き)です。前半5つは昔の成績表で使われていたり、今でも契約書の書面の中に書いてあったりします。

これらを訓読みにすると甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸(きのえ、きのと、ひのえ、ひのと、つちのえ、つちのと、かのえ、かのと、みずのえ、みずのと)となります。聞き覚えのある言葉はありましたか?

この十の漢字に月単位や年単位を当てはめたものを「十干」と言います。「十干」は陰陽五個ずつです。

続いて「十二支」ですがこちらは馴染みがあると思います。普通の干支です。今年は酉年ですね。この干支にも陰陽五行を当てはめると、「十二支」は陰陽六個ずつです。

「還暦」=60歳のからくりはこの「十干」と「十二支」を組み合わせたものです。10干×12支=120年 ・・・120年?

陰陽五行ルール・・・組み合わせとしては「陽と陽」「陽と陰」「陰と陽」「陰と陰」のパターンができるのですが有効な組み合わせは「陽と陽」「陰と陰」だけとされています。
なので半分の組み合わせが無効となるわけですね。120÷2=60年、これが60年で暦が還るからくりです。

この60年周期の暦を「十干十二支」と呼ぶのですが、一番有名なのは「丙午(ひのえうま)」ではないでしょうか?

丙午の年に生まれた女の子は気性が激しくなり夫の寿命が縮まるという迷信があるため、丙午の年は出生数が極端に下がるというのが1966年にありました。60年1サイクルですので次の丙午は2026年ですね。

「古稀」

こちらは唐の詩人「詩聖 杜甫」の詩の一説から、「七十年生きる人は古くから稀である」ということに由来しています。

今では医療技術の進歩も目覚ましく「古稀」を祝える方もたくさんいるのではないでしょうか。これからの時代は米寿(88歳)や百寿(100歳)も珍しくなくなるかもしれませんね。

陰陽五行思想は今でも風水や四柱推命で使われている理論です。覚えておくとちょっとした蘊蓄として披露できるかもしれませんね。