いつも買取のご依頼ありがとうございます。札幌古本買取の専門店、専門書買取エキスパートです。
年が明けて、成人式の連休も終わり、そろそろ鏡開きの時期がやってきますね。


最近では鏡餅をお供えしないというご家庭やミニサイズの鏡餅をお供えする家庭が増えているようです。
鏡開きは日本の大切な伝統文化だと思いますので、今日は鏡餅と鏡開きの意味を考えてみましょう。

鏡餅の役割

鏡餅は歳神様に供えるための餅で、12月28日にお供えするのが一般的です。28日というのは末広がりの八が縁起良いという理由のようです。

普段聞きなれない「歳神様」って誰?という方もいらっしゃると思います。歳神様は神道における八百万の神の一人で、穀物の豊作を司る神様なんです。

古来農耕民族である日本人にとっては大切な神様ですね。

歳神様に鏡餅をお供えしてご利益としていただくものが、「お年魂」(おとしだま)です。お年魂は一年を通して元気で頑張れるパワーのようなものです。

そのパワーを畑や田んぼの農作業で土地に循環させ、豊作がやってくる。これが本来の鏡餅の役割なんですね。

お年魂は今では少しずつ変化し、大人が子供にお金などをあげる「お年玉」へと変わっています。

鏡開きはいつ?

鏡開きは一般的な日程だと1月11日を採用している所が多いです。
地域によって様々ですが、早い地域で1月4日から遅い地域で1月15日くらいまでが一般的なようですね。

あまり厳密には決まっていないようなので、お餅が食べたくなったらでいいのかもしれません(笑)

但し、江戸時代の風習では徳川家光が亡くなった月命日である20日は避けられていたそうなので、1月20日だけは避けた方が無難かもしれません。

鏡開きは木槌やトンカチで!

供え終わった鏡餅には歳神様のエネルギーがあふれています。このお餅を食べることでお年魂が得られる訳です。

いざ鏡開きとなると、包丁でザクッと切りたい気もしますが、武士の時代に切ることは切腹を連想させるので縁起が悪いとされています。

木槌で割るのが正解です。最近の鏡餅はプラスチックの容器の中に個包装された餅が入っているものも多く、木槌の出番は無いかもしれませんね。

お汁粉に入れて食べ、一年間の無病息災を祈りましょう。